更年期障害も骨折の後遺症も治りました

浜   60代  福岡

私は40代のとき、更年期障害で布団を蹴飛ばすくらい、体が急に熱くなったり、冷たくなったりするようになりました。その他にも心臓がどきどきしたり、体が痛くなったりして眠れない日々が続いていました。いくら、病院からもらった薬を飲んでもなかなか症状がとれません。
お医者さんから「中国の良い先生がいるので、呉先生の所へ行ってみませんか?」といわれ呉先生の所で鍼をすると、症状が嘘のようにすぐ消え、約1ヶ月で完全に治りました。

その後、今から5年ほど前のことになりますが、犬の散歩中に大きな溝の中に落ち、右の腕が折れました。整形外科で半年位治療を受けていましたが、肘は90度に曲がったまま、肩はあまり動くことのできない状態でした。食事のとき、いくら口が食べようと頑張っても、箸と食べ物が一緒に逃げてしまう、顔を洗おうと顔を前に出して頑張っても手とタオルが一緒に逃げてしまう。一番困ったのはトイレのときで、トイレットペーパーまで逃げてしまう…(笑)。
東京の良い整形外科の所へ治療に行くと、お医者さんはレントゲン写真を見て骨を間違えて接いでいるので手術をしないと治らないといわれました。
もう一度手術をすると考えただけでもぞっとします。もし、手術をしないでリハビリだけをすれば今より少し動くかもしれないとお医者さんはいいました。そこでリハビリを始めてみましたが、お産よりも酷い痛みで何度も泣きました。
その時、呉先生のことを思い出しました。先生に電話して「骨折の後遺症は治りますか?」と聞くと、「どうぞ、来てください」といわれ、行きました。
頭に鍼をされると曲がった肘は真っ直ぐになり、先生から手を上げるように言われると、上へ上がるようになりました。すぐに顔を洗うことができて、食事も楽しくなりました。1ヶ月治療を受けて、元のように戻ることができました。
毎年、カレンダーを呉先生の所へ感謝の気持ちで送っています。今、先生の治療室にはそのカレンダーが飾ってあると思います。

                  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック